研究シーズ2020情報基盤科学

研究データの共有・管理へ
共通基盤を産学連携で活用する

込山 悠介コンテンツ科学研究系 助教

研究分野オープンサイエンス/学術情報流通基盤/研究データ管理

国内の学術機関では、研究データを管理・共有するための基盤の整備が全国的に広がりつつあり、NIIでは汎用的な研究データ管理サービスGakuNin RDMを提供しています。研究データ基盤の整備により、全国の学術機関との共同研究が推進される環境を整えます。

研究背景・目的

研究の再現性を高め研究不正を防止し、研究成果を早く出すためのサイクルを効率化するには、論文や特許情報だけでなく、その根拠となる研究データを機関で保存・管理しておく必要があります。また、複雑で分業化している現代の研究課題において、産学がそれぞれの持ち味を活かした共同研究を行うことは必要不可欠です。現在、国内の学術機関では研究データを管理・共有するための基盤の整備が全国的に広がりつつあり、NIIでは汎用的な研究データ管理サービスGakuNin RDMを提供しています。全国の学術機関とすぐに共同研究を開始できる研究データ基盤を整備することで、国内の研究力を高めていくことが目的です。

研究内容

GakuNin RDMは、NIIの研究データ基盤NII Research Data Cloud(NII RDC)の検索・公開・管理の3基盤のうち、データ管理を担う基盤で、研究公正と研究推進の両観点から、研究データ管理に必要な機能を搭載したウェブアプリケーションです(図1)。研究者はいつでもどこでも、GakuNin RDMにアクセスし研究データを保存・管理することができ、共同研究者とデータの共有も容易にできます。研究ツールと連動もでき研究活動を支援します。私たちは、全国の学術機関の要件を満たす汎用的なデータ管理基盤を開発し、全国の学術機関にサービスを提供しています(図2)。

20_komiyama_image1.png

図1 研究者に向けたGakuNin RDMの基本的な機能

20_komiyama_image2.png

図2 学術機関の事情に合わせた構成が可能なGakuNin RDMのストレージ

産業応用の可能性

GakuNin RDMサービスを利用することで、研究者はさまざまな外部クラウドサービスと連動させながら、日々の研究活動から産出されるデータを低コストで管理することができます。保存したファイルは、操作履歴が第三者機関のタイムスタンプとともに刻明に記録されていき研究証跡が残ります。これにより、研究不正を抑止するとともに、正しい研究者の主張を守る証拠としても活用できます。GakuNin RDMは、全国の学術機関で利用されているサービスのため、産学連携の共同研究ですぐにデータ管理や共有を開始できます。

研究者の発明

❖GakuNin RDMはオープンソース・ソフトウェアとしても提供しており、ソースコードは下記のGitHub上で配布。
https://github.com/RCOSDP

Recommend

さらにみる