Interview

多様性で築く研究と事業

世界トップクラスの研究とともに、学術研究を支える事業を担う国立情報学研究所(NII)では、ベテラン、若手、女性、外国人研究者やインターン生等のコラボレーションもあり、多様性がイノベーションの源泉ともなっている。急速に変化する社会と情報学の分野で、若者の科学離れが叫ばれる中、NIIにおける若手研究者の現状と未来について、安浦 寛人 副所長に聞いた。

続きを読む

Interview

多言語音声合成の無限の可能性を追求

近年進化が著しい音声合成技術。 少数話者、語族からの音声合成など、多言語音声合成を研究する、クーパー エリカ 特任助教に研究の概要と活動、目標、研究環境等について聞いた。

続きを読む

Interview

データ分析で効率的な学習支援に貢献

近年、注目を浴びる、eラーニングや学習管理システム(LMS)、そしてラーニングアナリティクス。学習データを活用して、さらに効果を高める学習教材の開発なども進められている。多彩なキャリアをベースにこの分野を研究する、古川 雅子 助教に聞いた。

続きを読む

Interview

安全な暗号の存在を証明する

現代の情報通信社会において、キーとなる暗号技術。現在使われている暗号が本当に安全と言えるのかを数学的に証明するのが、平原 秀一 准教授の研究目標だ。世界の数学者と肩を並べ、難題に取り組むその研究の展望を聞いた。

続きを読む

Interview

バグのないソフトウェアを目指して

世の中のさまざまな機器がソフトウェアで制御される現代において、バグは重大なトラブルを引き起こす。関山 太朗 准教授は、そうしたトラブルを防ぐべく、ソフトウェア科学の研究に取り組んでいる。

続きを読む

Interview

認証技術の高度化で研究教育の向上へ

学術eリソースを利用する大学、提供する機関から成る「学術認証フェデレーション(学認)」。先端の認証認可技術の検討を担う、清水 さや子 助教に、研究内容や今後の課題、研究の意義について聞いた。

続きを読む

Interview

最先端の研究を縁の下で支える

情報学の最先端の研究成果が紡がれていくその影で、研究に必要な事務処理を地道に進めるのが事務系職員の役割だ。研究を支える事務とはどのようなものか、若手事務系職員の浅川 大輝 係員に聞いた。

続きを読む

Interview

学術情報基盤から研究と社会を支える

国立情報学研究所(NII)が提供する学術情報基盤は、ネットワーク基盤「SINET(サイネット)」と研究データ基盤「NII RDC」を中核に、クラウド環境、認証、セキュリティを包含した「学術研究プラットフォーム」だ。国内の大学・研究機関における研究・教育活動の総合知としての知識基盤となることを目指し、構築に関わる、竹房あつ子教授・栗本崇教授・込山悠介准教授にその現場を語ってもらった。

続きを読む

Article

未来の情報科学の達人を育てる

情報科学に関する素養と意欲を持つティーンエイジャーを世界の第一線で活躍する研究者・技術者へと導く「情報科学の達人プログラム」本プログラムの到達点と今後について、企画運営責任を担う河原林 健一 教授に聞く。

続きを読む

Interview

国際交流を通じてグローバルな研究協力を促進

国立情報学研究所(NII)では、共同研究に参加するインターン生をMOU提携機関・大学から毎年受け入れている。 その受け入れの目的、効果、状況について、プログラムを率いるプラナス エマニュエル 教授に聞く。

続きを読む

Essay

研究を活性化するコミュニケーション

続きを読む

NII Todayとは?

いまや社会を支える基盤になっている「情報学」という学術分野の研究が、「私たちが生活する社会をどう変え、未来の社会に、どのような新しい価値を生み出してくれるのか」を、広く一般の読者にわかりやすくお伝えすることを目的に「NII Today」を発行しています。

第92号よりリニューアル!今後のさらなる誌面向上のためご意見募集中です。以下のフォームよりご意見をお寄せください。
NII Todayご意見フォーム:https://reg.nii.ac.jp/m?f=978

BACK NUMBER