NII Today 特別号
2020特別号

コロナ禍後の社会変化を見据えた新しい情報学キーパーソンとの対話

いま、コロナ禍においてリアルな活動が制限されるなかで、「新しい生活様式」が求められています。すでに教育現場では大学を中心にオンライン授業が定着し、ビジネスの現場ではデジタルトランスフォーメーション(DX)を一気に加速させて、在宅勤務を中心とする新しい働き方の導入や、ITを活用した新しいビジネスモデルへの転換が始まっています。はたして、この大変革期に、ITや情報学はさらにどのような役割を担うべきなのでしょうか。また、コロナ禍を経て社会はどのように変わっていくのでしょうか。現状の取り組みと課題、未来予測を踏まえたうえで、新しい情報学への期待について、各界のキーパーソンと喜連川所長が語り合います。

CONTENTS

Interview

コロナ時代の科学技術とICT

~Society 5.0 は何をめざすか

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は世界に大きな影響を及ぼしており、感染症の克服へ向けた科学技術の役割が問われている。社会経済活動を継続するため情報通信技術(ICT)の重要性も再認識された。COVID-19が突きつけた「新常態(ニューノーマル)」のなかで、科学技術やICTはどのような役割を果たせるのか。Society 5.0の方向性をどうすべきか。総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の上山隆大常勤議員とNIIの喜連川優所長が語り合った。

本文を読む

Other

Society 5.0からCOVID-19との共生社会まで

データ駆動型社会の構築に向けて

2020年6月12日(金)〜13日(土)に開催されたNIIオープンハウス2020は、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、すべてオンラインで執り行った。初日の6月12日に、中西宏明 経団連会長・日立製作所会長をお招きして講演していただき、さらに、喜連川優 NII所長と特別対談を実施。デジタルトランスフォーメーション(DX)や「Society 5.0」への取り組みとともに、社会のあり方を大きく問い直すきっかけとなった新型コロナウイルス感染症と人類はいかに向き合い、今後、どのように新しい共生社会を築いていったらいいのか、伺った。

本文を読む

Interview

COVID-19とロジスティクス

データ共有・活用による次世代の物流サービスをめざす

新型コロナウイルス感染症が世界に拡大するなか、NIIオープンハウス2020(6月12日〜13日)は、感染予防のためオンラインで開催した。最初のプログラムとなる特別対談では、内閣府SIP「スマート物流サービス」のプログラムディレクターを務めるヤマトホールディングス株式会社執行役員の田中従雅氏を迎えて、コロナ禍とその後を見据えた次世代のロジスティクスについて伺った。

本文を読む

Interview

Widening distance のコロナ時代にClosing the distance が創る新しい世界

New normal with LINE

3密を避け、人と人との間に物理的な距離が求められる新型コロナ禍の下、人々のコミュニケーションのあり方は必然的に変わらざるを得ない。そうしたなか、コミュニケーションアプリ「LINE」の利用率が高まっている。”CLOSING THE DISTANCE”を社是に掲げるLINE株式会社の現在の取り組みを踏まえながら、今後どのようなコミュニケーションがニューノーマルとして定着していくのだろうか。LINE社の出澤剛社長とNIIの喜連川優所長に対談で展望していただいた。

本文を読む

NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

NII Today 特別号

NII Today 特別号

・コロナ時代の科学技術とICT
・Society 5.0からCOVID-19との共生社会まで
・COVID-19とロジスティクス
・Widening distance のコロナ時代にClosing the distance が創る新しい世界

バックナンバー 一覧